ジューンブライドの由来とは?

ジューンブライド由来にはさまざまなものがあります。
そもそも、ジューンブライドは「6月の花嫁」や「6月の結婚」などの意味があります。
ジューンブライドは日本でも定着している言葉ですよね。
ジューンブライド由来にはいくつかあるので、ここで詳しくご紹介したいと思います。
由来を聞いたらきっと6月に結婚したくなってしまいますよ。
6月は英語表記でJuneとなります。
この月名がローマ神話の中の結婚式をつかさどるジューノ(Juno)から来ているため、女性の権利や婚姻を守護するこの6月に結婚することで花嫁は幸せになるといわれています。
また、ヨーロッパの6月は日本の6月と異なり、もっとも雨が少ない月で良いお天気が続きます。
ヨーロッパは6月になると復活祭も行われ、はつらつとした季節の始まり、そして若者の季節とも呼ばれています。
ヨーロッパ全域が祝福ムードに包まれることで、6月に結婚をする花嫁も幸せになれるという説もあります。
ジューンブライド由来はまだまだあります。
ヨーロッパは3月〜5月は農作業が盛んだったため、この農作業の妨げになる結婚が禁止されてきました。
そのため、結婚解禁になる6月になるとカップルが一斉に結婚をし、周囲の方の祝福もとても多い月になるためとも言われています。
ジューンブライド由来は色々あるのですが、書籍やウェブサイトなどでも詳しく紹介されています。
紹介されているジューンブライド由来はどれも似たようなものが多いのですが、やはり女神Junoのような由来は読んでいると面白いのでおすすめです。
書籍になるともう少し詳しく紹介されているので、興味のある方はぜひこちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

ジューンブライド由来は意外と奥が深いのです。
ジューンブライド由来といっしょに知られているのが結婚に適さない月ですね。
これは日本ではあまり有名ではないのですが、「5月」です。
なぜかというと、実はヨーロッパの5月は死者を奉る行事が行われていたのと、豊作の女神が結婚というイベントをあまり好まなかったからという由来があります。
日本ではあまり有名ではないので、こちらもセットで調べてみると良いかもしれませんね。
ジューンブライド由来には色々あるのですが、この由来の中でももっともポピュラーなのは「お天気が良いから」になるそうです。
日本の6月は梅雨まっさかりなので、実際にジューンブライドを迎えるカップルはあまり多くありません。
ですが、やっぱりジューンブライドは女性の夢でもあると思います。
ぜひ、ジューンブライドの夢をかなえてみてはいかがでしょうか。

関連サイト、お役立ちサイト紹介です。

過払い金の計算・診断を相談
過払い金の返還請求をしようと思っている方にオススメの相談所紹介です。過払い金の診断や計算、そして相談なら、専門家へ無料相談してはいかがでしょう?

関連リンク・お役立ちリンクです。

過払い金を弁護士へ相談し、診断と計算をしてもらう
過払い金の返還請求をしようと思っている方にオススメの相談所紹介です。過払い金の診断や計算、そして相談なら、専門家へ無料相談してはいかがでしょう?